Publication

【著書】

Araki, K., & Gill, D. L. (2012). Development and validation of the sport perfectionism scale. In R. Schinke(Ed.), Athletic insight’s writings in sport psychology (pp. 273-288). New York: Nova Science Publishers.

Araki, K., & Balasekaran, G. (2009). Singaporean athletes in a multicultural society. In R. Schinke & S. Hanrahan (Ed), Cultural Sport Psychology (pp. 193-203). Champaign: Human Kinetics.

荒木香織(2006)体育を指導する教師の備えたい具体的資質. 枡岡義明・西村誠編「体育科・健康教育法」仏教大学通信教育学部 p.114-124

【原著論文:英文】

Araki, K., Kodani, I., Gupta, N., & Gill, L. D. (2013). Experiences in physical activity among Asian Buddhist, Christian, and Hindu adolescent girls. Journal of Preventive Medicine and Public Health, 46,43-49.

Kamphoff, C. D., Gill, L. D., Araki, K., & Hammond, C. C. (2010). A content analysis of cultural diversity in the Association for Applied Sport Psychology’s conference programs. Journal of Applied Sport Psychology, 22, 231-245.

Araki, K., Toji, H., & Nishigaki, T. (2009). An exploratory study of perfectionism and sport orientation among Japanese Track and Field athletes. Journal of Physical Exercise and Sports Science, 15, 25-34.

Araki, K., Mintah, J. K., Mack, G. M., Huddleston, S., Larson, L., & Jacobs, K.. (2006, December).Believe in self-talk and dynamic balance performance. Athletic Insight, 8. Retrieved February 6, 2007, from http://www.athleticinsight.com/Vol8Iss4/SelfTalkandPerformance.htm

Jamieson, K. M., Araki, K., Chung, Y. C., Kwon, S. Y., Riggioni, L., & Acosta Musalem, V. (2005). Mujeres (In)Activas: An exploratory study of physical activity among adolescent latinas. Women in Sport and Physical Activity Journal,14, 96-105.

Huddleston, S., Mertesdorf, J., & Araki, K. (2002). Physical Activity Behavior and Attitudes Toward Involvement Among Physical Education, Health, and Leisure Services Pre-Professionals. The College Student Journal,36, 555-572.

Araki, K., & Huddleston, S. (2002). The effect of color on a target accuracy task. International Sport Journal,6, 86-92.

Mack, M. G., Schultz, A. M, & Araki, K. (2002). Role models in self-esteem of college women.Psychological Report,90, 659-664.

Araki, K. (1999). Psychological stress factor and sport injury. Association for Iowa Health, Physical Education, Recreation, and Dance Journal,33, 25-27.

【原著論文:和文】

荒木香織 (2013). ラグビー選手の完全主義傾向と心理的スキルの関係. Japanese Journal of Rugby Science, 24, 16-20.

青木敦英・荒木香織・田路秀樹(2012). 肘屈曲運動における力-速度関係からみた両側性および一側性の筋パワー発揮特性. 運動とスポーツの科学, 18(1), 9-15.

荒木香織 (2012). トップアスリートに対する心理的サポートの世界的潮流. 体育の科学,62(8), 566-570.

【学位論文】

Ph.D. “Development and Validation of the Sport Perfectionism Scale.” (2004). Advisor: Dr. Diane L. Gill
M.A. “The Effect of Color on a Controlled Accuracy Task. (2000). Advisor: Dr. Sharon Huddleston

【ニュースレター・報告書等

荒木香織(2014).スクラム心理学:男子日本代表チームへの取り組みについて~メンタルコーチ. Japanese Journal of Rugby Science, 25, 99-103.

荒木香織
、小谷郁 「トップスポーツに関わる女性のアスリート・コーチ・理事の経験を探る」 SSFスポーツ政策研究 第1巻 第1号 ―2011年度 笹川スポーツ研究助成 研究成果報告書― pp.12-17、2012年4月

竹中晃二、磯貝浩久、三木ひろみ、荒木香織、堤俊彦 「私たちは『国際化』から何を得ようとするのか?―ASPASP第7回大会の誘致に向けて―」 スポーツ心理学研究 第39巻 第1号 pp.90-92、2012年3月

荒木香織、佐々木康、山本巧、上野裕一 「『JRFUレフリーのためのメンタルマネジメント講習』傍聴記」 RUGBY FOOTBALL 61巻1号 pp.25-26、2011年月

荒木香織 「海外情報」日本体育学会体育心理学専門分科会会報 第23号 pp.65、2011年8月

荒木香織 「チャンピオンを育てる方法~Optimal Pushを考える~」 平成22年度ひょうごジュニアスポーツアカデミー報告書 pp.73、2011年3月

荒木香織 「スポーツにおける完全主義傾向について」 日本体育学会体育心理学専門分科会会報 第22号 pp.43、2010年8月

荒木香織 「演者報告(キーノート2 スポーツにおける完全主義傾向について)」 日本体育学会体育心理学専門分科会会報 第22号 pp.20、2010年8月

荒木香織 「海外情報」 日本体育学会体育心理学専門分科会会報 第21号 pp.63-64、2009年8月

土屋裕睦、直井愛里、鈴木壯、平木貴子、石井源信、 Schuijers, R., Statler, T., 荒木香織 「オリンピックとメンタルトレーニング」スポーツ心理学研究 第36巻 第1号 pp.72-7、2009年3月

荒木香織 「自己紹介」 関西心理例会会員報 第9号 pp.3、2009年2月

Kamphoff, C. D., Araki, K., & Gill, L. D. (2004, Fall). An Examination of Diversity Issues in AAASP Conference Programs. Association for the Advancement of Applied Sport Psychology, 19, 26-27.

Araki, K. (1998). Choking in big competitions. Self-Help & Psychology Magazine.http://www.cybertowers.com/selfhelp/airticle/sport/choking.html.

【その他】

マートン(2013). 選手のモチベーションの向上(荒木香織,翻訳). In大森俊夫・山田茂(Ed.), スポーツ・コーチング学 指導理念からフィジカルトレーニングまで(1ed.,pp.83-97). 東京都千代田区:西村書店. <Martens, R. (2004) Successful Coaching. Champaign, IL.>

荒木香織 「重要性増すメンタルトレーニング 『心技体』整える伴走者に」 日本経済新聞(夕刊) 2012年12月7日

Advertisements